TEL
看護師の募集

教育体制

新人看護師研修制度

2010年度より努力義務化となった『卒後看護師臨床研修』を当院では2008年度より導入しています。

本院の「新人看護師研修制度」は

看護基礎教育施設を卒業した新人看護師がスムーズに臨床現場に適応し、臨床研修看護師として、臨床実践能力を身につけてもらう事を目的としています。

特徴は

  1. ローテーションと集合研修を組み合わせた研修システム
  2. 新人看護師を臨床研修看護師として位置付け、看護実践に必要な基本的な知識・技術・態度を育成する教育システム

という京都岡本記念病院独自の新人看護師教育システムです。

具体的には

  1. 4月の集合研修が終了後は、配属部署を決めずに、「臨床研修看護師」という名称で、病棟3ヵ所をローテーションします。
  2. 特殊部署のローテーションでは、救急センター・手術室・ICU・血液浄化センター・訪問看護ステーションの病棟以外の5部署で研修します。
  3. 毎月月末に集合研修を実施し、知識・技術を学習すると共に、新人の交流・意見交換の場としています。

1. ローテーション研修

ローテーション毎に到達目標が設定されており、部署が違っていても、全員が段階を踏んで、同じ目標に向かって取り組めるようにしています。同時に、部署毎の特殊性や特徴を学ぶ事も必要となります。その際の研修成果を評価・確認していくために、

  1. 『新人看護師臨床実践能力のプログラム(看護技術チェックリストを含む)』
  2. 『ローテーション部署別プログラム(病棟編)、(特殊部署編)』

の計3冊のチェックリストを活用し、指導者と一緒に到達度や課題を確認しながら、知識・技術・態度を身につけていきます。
指導の中心は主任看護師が行いますが、部署のすべての看護師が指導者として新人看護師に関わります。一部の者だけではなく全員で、新人看護師を育てる環境を作っています。

研修成果で臨床実践能力を身につけ成長した新人看護師は、「本当に自分がやりたい看護」を考えて配属希望を出します。最終ローテーションで面談を行い、原則希望部署に配属されます。
配属後にメンター(メンターシップ)がつき、個々に応じた関わりを持つようになります。 ここから自分が目指す看護に向けて、新たなスタートを切ります。

2. 集合研修(クリニカルラダー:レベルⅠ)

1)4月入職時の全体研修

本院への4月の入職者すべてを対象に、5日間の集合研修を実施します。
病院の理念・沿革・就業規則などの説明を受け、まずは「社会人としての自覚」を持つ研修からスタートします。その後、医療安全・院内感染対策・医療倫理などを学びます。BLS(一時救命処置)研修では、胸骨圧迫やAEDの使用方法など“救命”に関する技術を学びます。コミュニケーション研修やマナー研修など演習を含んだ研修を重ねるうちに、同期入職の仲間と親しくなり、職種や配属に関係なく友達が出来ます。また、臨床心理士からのメンタルへルスに関してのバックアップ体制の話も聴き、緊張や不安が少しでも軽減出来るようにしています。

2)看護部集合研修

(1)4月の研修

全入職者対象の研修に引き続き、看護部の研修を実施します。 看護部の紹介に始まり、研修制度や情報システム・薬剤管理・栄養管理など1週間に渡り学習します。また、ME機器の取り扱いや注射・採血・トランスファーなど技術研修も実施しています。

(2)毎月1回の研修

実際に臨床場面に出ると、知識や技術修得の必要性を実感します。身につけるべき知識・技術について時期を考慮して研修しています。1年の研修を終える3月には看護観の発表会を設けていますので、その取り組みもしています。また、新人看護師同士の意見交換・交流の時間としても活用しています。

研修項目

  • 5月DPC、クリニカルパス
  • 6月心電図(基礎-正常編)
  • 7月褥瘡予防・対策
  • 8月フィジカルアセスメント
  • 9月症状アセスメント
  • 10月チーム医療
  • 11月院内研究会聴講 栄養管理
  • 12月心電図(応用-異常編)、PNS
  • 1月シミュレーション研修(看護優先度)
  • 2月看護観発表会に向けて
  • 3月看護観発表会
  • など

卒後研修プログラム

2012年度よりクリニカルラダー教育制度を導入しています。

衛星研修&オンデマンド研修を導入しています。

衛星通信やインターネットを用いるため
病院にいながらにして多岐にわたる研修を受ける事が出来ます。

医師・研修医の募集 看護師の募集 医療スタッフの募集