TEL
現職VOICE(先輩の声)

看護師(男性看護師)

濱口 賢悟

日々ブラッシュアップ

入職し、10年と少しが経過しました。現在はHCUで勤務しています。
HCUでは軽症から重症まで診療科は問わず、幅広い患者を対象としています。それに伴い、専門的な知識や技術、アセスメント力が必要になってきます。日々の学習や振り返りはとても重要なことですが、時に自分の力量不足を痛感することもしばしばあります。しかし、周囲のHCUスタッフや認定看護師の助言を受けながら、業務に取り組んでいます。HCUを初め、当院は職種間の垣根が低いので、気兼ねなく報告・連絡・相談ができ、他職種での連携がスムーズに行えます。これは当院の大きな特色の一つだと思いますし、個人的には働きやすい環境だと感じています。

主に整形疾患の術前・術後、眼科の術前・術後の患者様を担当させていただいています。最近では整形・眼科だけではなく、内科疾患での入院される患者様も多く幅広い知識を必要とされる病棟です。急性期が主な病棟ですので、たくさんの先輩看護師や後輩たちに助けられながら多忙な毎日を過ごしています。しかし、多忙であるからこそ病棟全体のチームワークが高まり、病棟全体の雰囲気も良く働きやすい職場であると思います。

看護師を続けている中で、より良い看護とは何かを考え、日々取り組んで来ました。自分が考えるより良い看護とは、患者・家族の思いを知り、それぞれのニーズに合ったケアを提供していくというものです。ケアの裏付けの一つとして、知識・技術を高めていく必要があると考えています。それは今でも変わらず、これからも実践していきたいと思っています。また、新人の頃から現在に至るまで、「患者の立場になって物事を考える」ことも重要なことだと思っています。当たり前のことのようですが、時と場合によっては非常に難しく感じ、まだまだ未熟だと実感しています。

今後も看護師として働く中で、知識や技術だけでなく、視野を広く持ち、看護師としての感性も磨いていきたいと思います。そして、初心を忘れず、向上心を持ってより良い看護を実践していければと思います。

医師・研修医の募集 看護師の募集 医療スタッフの募集
医師・研修医の募集 看護師の募集 医療スタッフの募集